欧文フォントによるタイポグラフィ。

Typography

Looks like Univers fonts.

The completeness of the Google font is not high overall.
I do not feel the beauty like Univers who is regarded
as the royal road and Helvetica.

This font was once favored by Swiss fashion designers. Many designers judge that they resemble Helvetica, but it is a wrong interpretation. This font was born in a relatively new era, not a classical one.

It is suitable for universal design.

For example, a worldwide event like the Olympics.
Signs in transportation in large cities.
Beautiful typography should be used there.

It matches very well the signatures of public nature. Every type face is beautifully designed from the alphabet to the number. That's why it's not suitable for light and pop advertisements.

01洗練されたサンセリフ書体。

いわゆるユニヴァース(Univers)系の書体が好きでした。同じ味を持つ書体としてフルティガー(Frutiger)もあります。これらはスイスのデザイナー、エイドリアン・フルティガーによって作られました。

02グーグルフォントより完成度が高い。

グーグルフォントはアルファベットがまあまあでも、数字が美しくないものが大変多いので、どうにも使えません。例えば2018年6月14日というセンテンス。この文章は欧文と和文を混植しています。

03王道の欧文フォントも使いこなせる。

ローマン系ならセンチュリーオールド、サンセリフ系ならヘルベチカボールドといった王道系のフォントも工夫次第で使用できる。私の大好きなユニヴァースも現在研究中。