サンセリフ(ゴシック)体によるタイポグラフィ。

タイポグラフィの追求。

普通に美しい文字組ができること。

大きなインパクトを与えたいキャッチコピーなら、モリサワのMB101が適している。ただし字間を絶妙に整える必要がある。これはモリサワフォント全般に言えることだ。

このページでは割と自由に使えるウェブフォントで、文字組を完成させている。本文は少し細めのタイプフェイスで構成した。普通に太くしてしまうとオリジナリティが減ってしまうためだ。あくまでもフォントの研究として捉えていただきたい。

タイポグラフィのみでデザインしてみる。

ウェブにおけるタイポグラフィ=CSSの徹底研究だ。ウェブフォントはまだまだ不自由で、満足できるものではないが数年前に比較すればかなり向上した。

グラフィックデザイン、特に広告などの分野では本文までキッチリ文字詰を行うのが普通である。しかしウェブの場合は、あまりキッチリ詰めてしまうと、ストイックな印象が強くなりすぎる。ここでの本文はベタ組みとした。

01小見出しはMB31を使いこなす。

MB31は特に中くらいのサイズで使うときれいに見える。大きく使う場合は厳密な文字詰が求められる。MB101が親分、MB31はその子分のような関係だ。その下の格(本文のフォント)が軽んじられているのが残念。

02欧文書体はグーグルフォントに頼るな。

グーグルフォント(欧文書体)はとても便利だと思うが、実際にはフォントフェイスの完成度が低いものがほとんど。日本語の早期アクセスフォントが登場し、デザイナーとしては選択肢が増えて嬉しいが、これもまだまだフォントファミリーの層が薄い。

03王道の欧文フォントも使いこなせる。

ローマン系ならセンチュリーオールド、サンセリフ系ならヘルベチカボールドといった王道系のフォントも工夫次第で使用できる。私の大好きなユニヴァースも現在研究中。